一般歯科・根管治療|国分寺駅直結の歯医者|デンタルオフィスセレオ国分寺

土日祝営業/最終受付夜9時

駅直結商業施設セレオ国分寺8F

042-359-4866

Open10:00-14:00/15:00-21:30

アクセス

MENU

一般歯科・根管治療

treatment一般歯科・根管治療 
―歯が痛い・しみる―

「歯が痛い」「冷たいものがしみる」……。これらは、虫歯のよくある症状です。しかし虫歯は、初期には症状が出にくいのが特徴であり、このような症状が現れたときにはすでに進行していることが考えられます。

虫歯から歯を守るには、できるだけ早く適切な治療を行うことが必要です。「あれ?虫歯かな?」と思う症状があれば、すぐに国分寺駅直結の歯医者「デンタルオフィスセレオ国分寺」の一般歯科までご相談ください。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0 【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1 【エナメル質の虫歯】
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用合成樹脂)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

C2 【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3 【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。刺激(冷・甘など)に対してしみる症状から始まり、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4 【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。一時的に痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

根管治療について

虫歯が歯の奥まで達すると歯の神経が死んでしまいます。そこまで悪化した虫歯は従来であれば抜くしかありませんでしたが、近年では根管(こんかん)治療を行うことで残せるようになりました。

根管治療とは、根管という細い管の中から死んでしまった神経・血管を取り除き、内部に細菌が残らないようきれいに洗浄および消毒をして、薬剤を充填する治療です。大変細かな処置が必要になりますが、この治療を行うことで抜歯せずにすみます。いわば「歯を残すための治療」なのです。

根管治療の流れ
Step 01
神経・血管の除去
Step 01神経・血管の除去
根管の中から、虫歯菌に感染して死んでしまった神経・血管を除去します。
Step 02
根管内の洗浄・計測
Step 02根管内の洗浄・計測
根管の中をきれいに洗浄し、長さを計ります。
Step 03
根管内の消毒
Step 03根管内の消毒
内部に細菌が残らないよう、薬剤で消毒します。
Step 04
根管の密封
Step 04根管の密封
すき間ができないよう、すみずみまできっちりと薬剤を充填します。
Step 05
土台の構築
Step 05土台の構築
被せ物の土台を構築します。
Step 06
治療終了
Step 06治療終了
土台に被せ物を装着して、治療は終了です。
当院の根管治療

当院では先端機器を導入して、精度の高い根管治療を実現しています。

マイクロスコープ 歯科用CT
マイクロスコープ
歯科用CT
根管は構造が複雑で肉眼で確認できないうえ、一人ひとり形状が違っているため、治療には高度な技術とともに先端設備が必要になります。中でも、根管内を拡大して確認できるマイクロスコープは不可欠です。 根管治療では、根管の構造を正確に把握しなければなりません。レントゲンでは根管を平面でしか捉えられませんが、歯科用CTなら立体的で正確なデータを得られ、根管治療の精度向上に大きく役立ちます。

銀歯が気になる方へ

「お口に銀歯がある」という方は、かなり多いのではないでしょうか。また、それが光って目立つことでお悩みの方も少なくありません。そこで当院では、銀歯が気になるという方にセラミック治療をご提案しています。

セラミック治療では、歯の色に近い白いセラミック製の補綴物(詰め物や被せ物)を使用するため、歯との境目がわからず美しい仕上がりになります。また銀歯のような金属アレルギーのリスクもなく体に安全なうえ、耐久性も高いなど多くのメリットがあるのです。

近年多くの方が、セラミック治療を選ばれています。気になる方は、お気軽にご相談ください。

銀歯が気になる方へ

虫歯は予防が大切です

日本人は虫歯治療が必要な人が多いといわれており、近年その数は増加傾向にあります。虫歯保有者数は、歯科先進国のフィンランド人と比べて4倍にものぼるという報告も。

では、日本人がフィンランド人に比べて虫歯が多い理由とは何でしょうか? それには「予防診療の意識」が関係しているといわれています。フィンランドでは予防診療が浸透しているため、毎日のブラッシングと定期検診が習慣になっていますが、日本ではどうでしょうか? 毎日のブラッシングは欠かさなくても、定期検診に通っている人はほとんどいないのではないでしょうか?

虫歯は、一度かかると自然治癒することはありません。かかってしまったときには歯科医院で治療を受けることが大切ですが、それ以前に毎日のケアと定期検診で虫歯にならないようにすることが重要なのです。

当院では、虫歯治療はもちろん予防のためのメンテナンスにも力を入れています。虫歯予防に関してご心配な点やご不明なことがありましたら、メンテナンスのページをご覧のうえ、お気軽にご相談ください。

~虫歯は予防が大切です~

お電話

042-359-4866

Open 10:00-14:00/15:00-21:30